散歩道


井の頭自然文化園

マップ戻る
井の頭自然文化園

 最寄駅:中央線吉祥寺駅
 第二次大戦の昭和17年に開園、当初より郊外型の動物園として自然に近い環境で小動物を放し飼いする自然生態観察に力を入れていた。昭和50年代までは園内を闊歩するクジャクが見られた。現在でも鳥が目の前を横切る「熱帯鳥温室」や、肩や頭に乗ってくる「リスの小経」、モルモットのコーナーな

どがある。戦後初めて日本に来たゾウの「はな子」も高齢ながら健在である。
 ほかにも長崎の「平和祈念像」が作られたアトリエと北村西望作品の彫刻館、童謡「赤い靴」「井の頭音頭」の野口雨情の住居を移築した茶会などが開ける「童心居」と水琴窟、かわいいメリーゴーランドがある遊園地や資料館と見所が多い。
 井の頭の池側にある分園には日本の水鳥が一杯見られる。水生物館ではカワセミやカイツブリが目の前で魚を捕まえる姿やムサシトミヨの巣作り等が見られる。メタセコイヤなどの樹木も注目ものである。

開館時間9:30〜16:30(入園は4時まで)(休園は月曜日)
入園料金大人400円、中学生150円、小学生以下および65歳以上は無料
連絡先井の頭自然文化園 電話0422-46-1100
駐車場あるが台数は多くない