散歩道


玉川上水

マップ戻る

 玉川上水

神田上水と並び江戸の上水して活躍した。
幕府が玉川庄右衛門・清右衛門の二人に命じて、承応2年(1653)4月に工事を開始した。多摩川中流の羽村の堰から江戸の四谷大木戸までの43Kmの開削は11月に、翌年の6月には新宿虎ノ門外に至る全長約51Kmを完成通水した。

 この工事は、短期完成とともに羽村と大木戸との高低差が92m(およそ100mに21cmの落差)しかないこと、精密な測量機器や土木機械がない時代でのことを考えれば驚くべきことである。
 江戸町民の上水として計画されたが、後には武蔵野台地に分水路が引かれ(三鷹では砂川・品川・牟礼用水)、飲み水や灌漑用水、水車の動力などに利用され、武蔵野台地を潤し、新田開発に大きな役割を果たした。
 明治初期には物資輸送のための通船にも利用された。かっては「人喰い川」と恐れられるほどの水量だったが、上水としての役目を終え、戦後の市街化で水質が悪化し、ついには水の流れない空掘の時期が続いたが、だが、上水沿いに緑が残っていたことや水への関心が高まるなか、昭和61年に東京都の清流復活事業で水が蘇り、福生市から三鷹市まで緑道が整備されている。(「てくてく三鷹」および広報みたか(2002・1・1)みたか観光マップから転載)
 玉川上水内は危険防止のため入れないように柵が施され、流域は樹木が植えられ散策道「風の散歩道」として整備され憩いの場を提供している。中央線三鷹駅の下を北から南に横切って流れ、下って行くと太宰治の入水碑が紫橋の手前の街路樹のもとにある。さらに下ると右側に山本有三記念館があり、萬助橋にでると左側に井の頭公園、右側に行くとジブリ美術館がある。春には川岸に植えられた桜が見事である。写真は上流の武蔵境浄水場近辺をを撮ったものである。
 玉川上水は上流から下流までいろいろな樹木が植えられそれぞれの土地での散策や憩いの場を提供している。

風の散歩道

マップ戻る

風の散歩道

 三鷹駅から井の頭公園前の萬助橋までの玉川上水に沿った800メートルの道で、名称は1,000件を越える公募作品から選ばれた。御影石で舗装された歩道にしゃれたベンチ、ポケットパークやモニュメントの設置と、散策するにも楽しいつくりになっている。さらに足跡のタイルや三鷹の森ジブリ美術館の案内板など遊び心も一杯ある。

 揃いの照明灯・車止め・玉川上水の樹木のライトアップする装置により、夜景も美しい。沿道は昭和の初期に開かれた住宅地で見所も多い。(広報みたか(2002.1.1)みたか観光マップから転載)写真は紫橋を渡って下流側から上流側を撮ったものである。

マップ 戻る
紫橋
 紫橋は、三鷹市と武蔵野市を結ぶ計画街路の一部として両市により昭和30年11月に建設された。現在の橋は、平成10年3月に、旧橋の老朽化に伴い架け替えられた。
 橋名は、旧橋の完成の際に両市民の公募により、応募数594通の中から選定された。橋のいわれは、「古今和歌集」より
  「紫の ひともとゆえに 武蔵野の 草はみながら あはれとぞ見る
                                    巻第十七 雑歌上 よみ人しらず」
とあるように、昔このあたり一面に咲きほこっていた、紫草で染めあげた「むらさき染」にちなんで命名された。(参考:紫灯篭および紫草

マップ 戻る
玉川庄右衛門・清右衛門

 玉川上水の功労者の玉川兄弟 庄右衛門・清右衛門の出生地や居住の場所は、江戸(麹町芝口あるいは深川)の町民とか、多摩川沿岸の住民など諸書の記載はまちまちである。
 幕府はその功績を賞して兄弟に玉川という苗字を与え、永年玉川上水役を命じ、二百石の扶持を金で与え、名字帯刀を許した。
玉川兄弟の家は代々庄右衛門、清右衛門と称しており、玉川上水を開設した初代庄右衛門は元禄8年(1695)に、清右衛門は翌年9年に没し、ともに浅草若葉町の聖徳寺に葬られ、墓がある。(「てくてく三鷹」より)
 
マップ 戻る
玉川上水記

 三代将軍家光が亡くなり、四代将軍に家綱がついた翌年、承応元年(1652)一月、開幕以来50年、江戸の人口は八十万を越え、深刻な水不足に悩まされていた。多摩川の清らかな水を引いてくる上水道の設置が喫緊の要請となり、江戸町奉行神尾備前守を通して、上水道開削工事の請負を民間に募った。これに対して四人の業者が、計画書、見積予算を付して「願人」として応じた。
 麹町芝口の庄右衛門・清右衛門兄弟の計画案が採用され、翌承応2年一月に兄弟から「玉川上水道開削嘆願書」を提出させ許可した。時の老中松平伊豆守信綱(通称智恵伊豆といわれ川越藩主)が「玉川上水惣奉行」に、関東郡代伊那半十朗忠治が「玉川上水道奉行」に任命された。
 伊那半十朗忠治は工事途中の六月に病没、子の伊那半左衛門忠克が継いだ。
 多摩川を利用している筏師や鮎漁師等との折衝、上水道の用地折衝、要員募集、工事現場指揮・管理等が奉行の役割であり、関東郡代半十朗・半左衛門の働きが評価されていないのは片手落ちのように思われる。伊那家が寛政四年(1792)に改易されたことにもよるのであろうか。
 関東郡代は関東の幕府直轄地の管理であり、関東地方の治水を手がけている。荒川・利根川放水路や運河の開削等江戸の水害防止や流通面に大きな功績を残している。
 玉川上水の設計は短期間で行われているが、川越藩の新田開発に羽村から用水を引く計画が事前にあり(玉川から引水して野火用水になった)、松平伊豆守が玉川上水開削に便乗したのでないかとの説がある。(松浦節著「伊那半十朗上水記」新人物往来社2002年出版による)

マップ 戻る
玉川上水の分水

 玉川上水は江戸に供給する上水として計画されたが、開削以後、余剰水を分水路で引き、飲み水や灌漑用水、または水車を回す動力源として利用され、武蔵野の開拓に不可欠な用水であった。
 三鷹では、砂川、品川、牟礼などの用水がある。分水口や規模、流路、水田面積、水車件数あるいは呼び名や支線、それに水利権をめぐる政治的事象などの変遷経過は「三鷹市史」に詳しく記されている。
 井戸や後の上水道整備によりその使命を終え、現在では下水菅施設地や道路、宅地になっている。方形区画の地割の中に街路が曲線を描く下蓮雀の「さくら通り」は品川用水の名残りである。
 野崎出身の俳人吉野左衛門(本名・太左衛門)の明治31年(1898)の著作集「栗の花」の一編「十三夜行」の中で、伯父の吉野泰之助(自由民権運動家吉野泰三の子)の家にある茶室「松涛庵」に小説家泉鏡花とともに招かれた折り、近くの砂川用水の水で茶をたて、月見の宴を張ったことが記されてように清流であったことが窺がえる。(「てくてく三鷹」より)