散歩道


八枝神社

マップ 戻る
八枝神社

 祭神は須佐之男命
 吉祥寺の五日市街道沿い、八幡宮からの西へ向かった左側にこじんまりとした社がある。本社は埼玉県上尾市平方にあり、大正時代、元消防団詰所跡地に分祀されたと社前の由緒板に記述されている。

 八枝神社は、江戸初期に牛頭天王社として祀られ、江戸後期に御獅子を奉祭し悪疫退散の守護神として関東各地において御神体を迎えて祭る廣い信仰圏を有した。
 明治初年八枝神社と称し、祭神は須佐之男命とされ狛狗大神とも申したが一般には「平方のおししさま」として親しまれてきた。
 明治20年(1888)平心講と称する信徒組織が結成され、毎年4月20日、21日には平方において大祭が行われ、当日は当社より代表者が本社へ代参を今日まで欠かさず続けている。
 大正八年当地へ御神体をお迎え機運高まり消防第四番組詰所だった現在地を詰所の移転を契機に故池田孝八氏を中心とする平心講の方々によりこの地に社を建立し御神体をお迎えし悪疫退散を祈願してきた。
 昭和25年管理を平心講より親交会へ移管され例祭を施行し町内及び近隣の安全を祈願している。例祭四月第四日曜日。(親交会の案内板より)



やえだ
すさのおのみこと
ごず
こま