寺社巡り


古八幡社

マップ戻る
古八幡社

祭神:応神天皇
大沢八幡神社の創建時の地である。
天文台のある台地の麓、野川の近くにある。この辺りの野川沿いには古代から人々が住み、古八幡遺跡として発掘が行われた。神社は広場の横にこじんまりと鎮座している。参道?に2基の庚申塔がある。

マップ戻る
古八幡遺跡
 野川の改修工事に先駆け、昭和59〜60年('94〜'95)に全長2Kmに及ぶ両岸の発掘調査が行われた。
 野川の流れは自然または人為的に幾度となく変更され、洪水もしばしばあり、上流から運ばれてきた夥しい量の石器や川辺での暮らしを象徴する陶磁器類が大量に発掘された。
古くは旧石器時代のものから、縄文時代の前期から晩期までの各様式の土器や石器が発掘された。また、台地上では腐って残らない各時代の木器類や杭。流木等が発掘されている。(三鷹市教育委員会「てくてく・みたか(市内歴史散歩)」より)