寺社巡り


大正寺
えびす様

マップ戻る
大正寺

真言宗
 大正4年、当地にあった栄法寺と町内にあった2寺が合併して大正寺と改名した。山門と本堂は寺域の北にあった栄法寺のものを今の位置に移築した。
 調布七福神の一つ、えびす様は、山門を入った左手の池の中の小島に鎮座している。
 写真上は門から本堂を望む。
 写真したはえびす様

マップ戻る
布田郷学校跡
 布田天神の横の大正寺墓地入り口に案内板が立っている。
郷学校とは、江戸時代中期頃から明治時代前期にかけての教育機関のことで、寺子屋や私塾より公共性が高く。近郷でも数校を数えるにすぎない特色ある教育施設であった。

 布田郷学校は上布田の住人原豊穣の設立した育英学校を明治四年栄法寺を校舎として開設された。原豊穣等五宿の有力者たちが中心になって近隣の村々の協力を得て開校した。この郷学校は養豚所の経営による収益を運営費にあて、授業料等を一切とらなかったという。養豚所の経営不振から明治7年に閉鎖し、公立布田学校(現在の第一小学校)に引き継がれたが、公立学校に代わる重要な役割を果たしてきた。 由来等は不明。