寺社関連の豆知識


七福神(布袋)

目次戻る
七福神(布袋)

 布袋は七福神の中で唯一実在の人物である。中国の唐末期(九〜十世紀)に実在した禅僧契此(?〜917)がモデルになっているという。この僧は、大きくふくれた腹をしており、いつも手に杖を持ち、大きな布袋を背負い、施しを求めて市中を歩いていた。そして、布施を受けた物は何でも袋の中に入れて歩いたという。この布の袋から布袋という名ついたと考えられる。
  背は低く、額や鼻にしわを寄せ、満面に笑みを浮かべた姿は愛嬌があったようだ。しかも、この僧は超能力の持ち主で、雪の中に寝ても少しも濡れず、人の吉凶を占って百発百中だったといわれる。
  その布袋和尚の人徳から、福運、大量のご利益があるといわれている。

目次戻る
弥勒信仰

 どういう訳か布袋は弥勒菩薩の化身として信仰されるようになる。弥勒菩薩は、兜率天という場所におり、仏陀が死んでから五十六億七千万年たったとき、地上に降りてきて人々を救済するとされている。中国では、早くから弥勒菩薩の信仰があり、しばしば政治の道具として利用されてきた。たとえば、中国で唯一の女帝となった則天武后(624?〜705)は僧たちにニセのお経を作らせ、自分が弥勒菩薩の生まれ変わりであると主張した。布袋もそのような政治の道具として利用されたのであろう。

目次戻る
「弥勒の舟」

 このような弥勒信仰が日本にも入り、社会が混乱するたびに、弥勒菩薩が地上に降りてきてユートピアが出現するという信仰がわきあがった。また、弥勒菩薩が現われるときには、海の彼方から米俵をいっぱい載せた「弥勒の舟」がやってくるともいわれた。まさに宝船と同じである。
 この弥勒の舟がやってくることを表現した、沖縄地方のミロク踊りでは、布袋の仮面をかぶったミロク(弥勒)を中心とした行列がでる。

目次戻る
布袋と唐子

  布袋は、室町時代から水墨画の画題として好まれ、その福々しい姿から、七福神のひとつに数えられるようになった。その後、さまざまなテーマで描かれたが、興味深いのは、唐子と布袋を取り合わせた絵で、数人の唐子が布袋の大きなおなかに乗ったりして戯れるものである。この布袋図は、室町時代から江戸時代を通じて数多く描かれているが、それがなんと、安産の祈願やお守りに使われたという。おそらく、布袋の大きなおなかと唐子という図が、妊婦と子供にたとえられたのだろう。ただし、中国には布袋と唐子という取り合わせはないらしい。 このように布袋の場合、実在の人物がさまざまな形で描かれていくにつれ、もともと持っていたユーモラスな部分がどんどん広がっていき、最後には福神にまでなってしまったのである。まさに、人々の願望と想像力の産物といえるだろう。(小学館「東京近郊・ご利益散歩ガイド」東京散歩倶楽部編著および生活人新書「東京七福神めぐり」から転載)



目次戻る
布袋案内
散歩道で紹介している中で布袋様が祀られているのは次の寺社である。

タイトル寺社名等写真備考
寺社巡り常性寺あり瑠璃殿へ向かう参堂の右側
井口院無し境内にある七福神堂内










かいし
みろくぼさつ
とそつてん