寺社関連の豆知識


神像

目次戻る
垂迹神部

 仏教が日本に伝わり、古来からの日本神道、民俗信仰、山岳信仰との融合が行われ、平安時代には、「本地垂迹」と呼ばれるように、仏教の仏・菩薩が日本の神々の姿を借りて人々を救うために出現すると考えられた。本来の仏教の仏・菩薩(これを本地仏という)が神という具体的な姿をりて現れる(垂迹)のが権現である。

 このようにして神仏融合、合体が行われ、寺院で神々の名をあげて読経したり、鎮守の神をお寺に祀ったり、神宮寺の建立が行われた。大日如来と天照大神、阿弥陀如来と八幡神などの習合関係が生まれ、本地垂迹曼荼羅なども作られた。

目次戻る
権現とは
 権は仮の意で、仏教では仏・菩薩が衆生を救うためにこの世に現れた仮の姿を権現といい、わが国では十世紀以降日本の神々の特殊な神号となった。日吉神社の神を山王権現と呼ぶなど、わが国の神は仏・菩薩が日本に現れた姿(垂迹神)とみなして権現名をつけ、春日、金毘羅、三島、熱田の諸権現をはじめ権現信仰は中世・近世を通じて盛行した。また蔵王、熊野、清滝、白山、富士、箱根、伊豆山、愛宕など著名な権現には山岳神が多い。なお徳川家康は死後この神名を与えられ、家康とその霊を祀る東照宮は権現様と呼ばれた。これにより江戸時代、家康は御神君様と呼ばれた。
目次戻る
明神と尊像

 明神は神の尊称である。インドにはじまる仏教が中国を経て日本に至る間に、それぞれの地で独自の信仰形態を展開し、経典儀軌にない形の尊像を生んでいる。日本ではこの種のものに蔵王権現、荒神、雨宝童子、青面金剛などがあり、垂迹思想によって日本在来の神々に本地仏が定められただけでなく、金毘羅明神における宮毘羅天稲荷明神茶枳尼天のように異神(日本の神の尊像)の形像が仏教の天部に由来し、あるいは混同されてきているものもある。
 三十番神中の稲荷明神は、如意輪観音を本地仏として、稲束をかついだ形姿につくられる。あるいはまた、福神としての弁才天と習合した日本古来の宇賀神がいる。宇賀神は食事をつかさどる神であり、飢えをしのぐ功徳があるといい、古来福神としてわが国では尊崇されていた。この神は人頭蛇身で、顔は老人の容貌をしているといわれる。この神は弁才天と同神と考えられたことから、弁才天の使者は蛇となっている。
目次戻る
三十番神

 法華経守護神として日蓮宗寺院で拝することが多い三十番神は、一ヶ月三十日間を毎日交替して、法華経いあるいは国家の安穏を守る三十の神々を一組としたもので、一括して三十番神と呼ぶ。法華経守護三十番神、略して番神ともいう。平安時代中頃、天台宗の如法堂の守護神として興ったと伝え、鎌倉時代に日蓮宗に取り入れられたようだが、その彫刻や画像の遺品は殆ど室町時代以降のものである。
1.熱田大明神(尾張・熱田)2.諏訪大明神(信州・諏訪)3.広田大明神(摂津・広田)
4.気比大明神(越前)5.気多大明神(近江)6.鹿嶋大明神(常陸)
7.北野大明神(山城)8.江文大明神(山城)9.貴船大明神(山城)
10.天照皇太神(伊勢)11.八幡大菩薩(山城)12.賀茂大明神(山城)
13.松尾大明神(山城)14.大原野明神(山城)15.春日大明神(大和)
16.平野大明神(山城)17.大比叡大明神(近江)18.小比叡大明神(近江)
19.聖真子権現(近江)20.客人大明神(近江)21.八王子権現(近江)
22.稲荷大明神(山城)23.住吉大明神(摂津)24.祇園大明神(山城)
25.赤山大明神(山城)26.建部大明神(近江)27.三上大明神(近江)
28.兵主大明神(近江)29.苗鹿大明神(近江)30.吉備大明神(備中)
目次戻る
春日明神

 奈良の春日神社は、藤原不比等が鹿島から武甕槌命を春日山に迎えたことに始まる。その後、香取から経津主命、大阪板岡から天児屋根命比売神を迎えて四宮が成立、そして、天児屋根命と比売神の間に若宮の雨押雲根命が誕生したと伝えられる。
 藤原家の氏寺は奈良の興福寺で、後に春日神社は興福寺の鎮守となった。日本で最初に神仏習合が行われたといわれる春日明神で定めた本地仏は、武甕槌命が不空羂索観音、経津主命が薬師如来、天児屋根命が地蔵菩薩、比売神が十一面観音、雨押雲根命が文殊菩薩だが、時代によって本地仏は変わっている。
 外見上恐ろしい姿をした尊格が必要となり「忿怒王」の特色が顕わになってくる。さらに大日如来がおとなしく従わない人々を従わせるために恐ろしい姿を仮に顕わした存在として解釈されるようになった。
目次戻る
新羅明神

 新羅明神は、入唐求法僧円珍が帰国のときに海路で感得し、円珍が三井寺に止住したおりに示現したとされ、三井寺の鎮守として迎えられた。
目次戻る
赤山明神

 天台宗の僧、慈覚太師円仁が入唐求法僧として中国・山東半島の赤山・法華院に滞在中、求法の目的が成し遂げられたら帰国後に禅院を建立することを法華院の山神の泰山府君に請願した。円仁滅後、弟子の安恵がその医師を継ぎ、西坂本の地にお堂を建て赤山明神を祀った。
摩多羅神
 慈覚太師円仁が十年の難渋の旅の末に日本に戻る海路で感得したのが摩多羅神で、延暦寺の常行三昧堂の守護神として祀られている。摩多羅神は念仏や「阿弥陀経」を守護する神とされるが、摩多羅神を尊崇しない者の往生を妨げるとして、江戸時代中期以降は邪神として信仰禁止された。
目次戻る
深沙大将

 古代インドの神話の出身だが詳らかでない。もとは悪鬼であったのが仏教に取り入れられて善神になったと思われる。入竺求法僧の玄奘三蔵が砂漠で水袋を落とし渇死寸前で力つきようとしたとき深沙大将が大音声で叱りつけ水場まで誘導したという。
目次戻る
僧形八幡神

 八幡は応神天皇が誕生のおり八つの幡が空にたなびいたことから「やはた」と呼ばれるようになったといわれる。八幡神は本来、宇佐神宮の祭神で。穀霊神、銅産の神として信仰されていた。奈良時代には託宣を通じて中央政府との関係を深め、神仏習合思想に対応して仏教とも通じ合い、姿も僧形となり「南無八幡大菩薩」と呼ばれるようになった。
目次戻る
山王権現

 山王権現とは比叡山麓にある日吉大社(日枝神社)のことで、比叡山を開いた伝教太師最澄が、奈良の三輪から大物主神を迎え大比叡明神として祀り、土地の神である大山咋神を小比叡明神として一山の鎮守にしたのが始まりである。山王の名前は、最澄が入唐中に天台山の国清寺の鎮守神をそのように呼んだことによるとされる。また山王信仰は日吉大社の神獣の猿が庚申の申とかかわり、民間に広がっていった。
目次戻る
蔵王権現

 蔵王権現は吉野の金峯山寺蔵王堂の本尊であることから金峯山権現ともいう。修験道の開祖である役行者が、修験の山、金峯山上で感得したと伝えられる尊像である。魔障降伏の菩薩として役行者を信仰する修験者の重要な礼拝像である。形像は経軌にはなく、金剛童子など密教の忿怒尊を基として、日本の山岳信仰の中で創り出されたものと考えられている。その形姿は、山上の岩から踊り出たときの姿とされ、一面三目二臂(二目もある)像で、髪を逆立てた忿怒相をして、三鈷杵または独鈷杵を持った右手を振りかざし、左手は剣印を結んで腰にあて、左足で磐石を踏んで、右足は高く踏み上げている。 蔵王権現は十世紀末には既に成立していたと考えられ、修験道の盛行、普及にともない各地で拝まれた。木像のほか銅像や懸仏も多く、鏡面に毛彫りしたものもある。また絵画では垂迹画の吉野曼陀羅に役行者と共に描かれる。
なお、蔵王権現は金剛蔵王菩薩ともいわれるが、胎蔵界曼陀羅虚空蔵院の多臂の金剛蔵王菩薩とは関係ない。
目次戻る
雨宝童子

 正確には金剛赤精善神雨宝童子といい、福を得て災いを除くという。頭上に五輪塔を戴き、右手で金剛宝棒を突き立て、左手に宝珠を捧げ持って立つ童子形の姿で表わされ、神仏習合によって日本で創作された尊像である。真言系の両部神道では大日如来の化身とし、また日向に下生した天照大神の姿とする。足下に白狸を踏むこともある。その成立は平安時代まで遡れると思われるが、遺品は彫刻では鎌倉時代、絵画では室町時代ものが古く、殆どは近世の作である。
 伊勢の金剛証寺ではこの尊像を朝熊権現脇士脇侍)として安置している。
 また、長谷寺では難陀龍王と共に十一面観音の脇侍としている。
目次戻る
牛頭天王祇園天神

 京都の祇園社(八坂神社)の祭神である。神体は素盞鳴尊(天照大神の弟)であるが、その本地を牛頭天王としている。牛頭天王はもともとインドの祇園精舎の守護神といい、また、薬師如来の垂迹神とされる。像容は一定していないが、共通して牛頭を頭に付けている。三面怒髪で甲冑に身を固めた坐像が一般的であるが、立像のものや虎上に半跏するものもある。
 疫病退散・農作物の病害虫駆除などがおもなご利益である。また、八岐大蛇退治にまつわる櫛稲田姫命との出会いから、縁結びのご利益を謳うところもある。明治4年の神仏分離令により、神社に「天王」の号が使えなくなったので、以降全国の天王社は、八坂・八雲・祇園・素盞鳴などに改称される。
 八坂は繁栄を祈る呪語「弥栄」から、八雲は素盞鳴が詠んだ「夜久毛(八雲)立つ 出雲八重垣妻ごみに 八重垣作るその八重垣を」という歌にちなむ。
 本祠は京都市祇園の八坂神社。素盞鳴尊のはか、櫛稲田姫、そして八柱御子神をまつる・「祇園祭り」として有名な御霊会も、疫病退散の神事に起源を持ち、千年以上の歴史を誇る。
目次戻る
荒神

 荒神は、温和な福徳の神に対しぶる神の意で、十分に畏敬の念を示さないと障礙(たたり)をなす神といわれ、この神も神仏習合思想から創られた神のようである。
 その像容は一般に、三宝荒神、如来荒神、子島荒神の三種がある。三宝荒神は三面六臂(または八臂)の忿怒形で、如来荒神は相好柔和な金剛菩薩形で、子島荒神は四臂の俗体神像形であらわされる。
目次戻る
竈神

 わが国では古来から竈神の信仰があり、この竈神は火伏の神であると共に、食物や農耕の神ともなり、また家庭や牛馬の守護神ともされ、一家の盛衰をつかさどる家付きの神であった。
 竈神の呼称や祭り方は各地で異なるが、この神は荒ぶる神で、不浄を忌むところから、仏教の障害神の如く考えられた荒神と近世に習合したようである。
 東日本では火の神として荒神がお札や御宮等も含めて屋内の火所に祀られ、西日本では屋敷神として屋外に祀られることが多い。
目次戻る
秋葉明神(秋葉権現)

 秋葉山三尺坊(静岡県周智郡秋葉山頂の祭神である秋葉明神は、秋葉(大)権現、飯綱権現、秋葉様とも呼ばれ、火難よけ(火伏せ)の神として信仰される。その信仰は秋葉修験者の布教とあいまって、江戸時代中頃から火災に悩む江戸市中に急速に広まり、関東・中部地方を中心に全国的に普及している。
 秋葉権現は秋葉山で修行し神通力を得て飛行昇天した修験者でここに祀られて三尺坊といったとも、また、秋葉山の大火の際に出現して猛火を鎮めたことから火伏神として祀られたともいう。
 秋葉権現の本地仏は不動明王とされ、形象は天狗とみなされて、鼻の突き出した烏天狗の顔をして、右手に剣、左手に(網)を執り、背に双翼を張り、火焔光をつけて白狐の背に立つのが普通である。
目次戻る
七面明神

 日蓮宗で祀る天女像で、日蓮宗総本山のある身延七面山の伝説から生まれた法華経および身延山の守護神である。
 七面山の池に住む竜が櫻色の衣に紅梅の袴を着けた若く高貴な女性の姿となって、身延山に隠棲中の日蓮聖人の法華経読誦をしばしば聴聞していたが、ある日、日蓮がその女の本性と悩みを聞くと、日蓮の前で忽ち一丈余りの赤い竜身となったという。日蓮が身延山の七堂を守り水火経兵乱などの七難を除くようにいうと、うなずいて地底深く沈んでいったと伝えられ、右手にを握る天女像として造られる。(新星出版社「やさしい仏像入門」松原哲明・三木童心著および東京美術社「目で見る仏像」田中義恭・星山晋也著より)


目次戻る
垂迹神案内

 散歩道で紹介している中で、神社以外でここに取り上げた神を祀っているのは次のお寺である。

タイトル寺社名等備考
三鷹−吉祥寺井の頭弁財天宇賀神
寺社巡り 深大寺深沙堂に深沙大将が祀られている。
祇園寺僧形八幡像
西光寺秋葉権現を祀る常夜灯




ほんぢすいじゃく
かすがみょうじん
たけみかづちのみこと
ふつぬしのみこと
ひらおか
あめのこやねのみこと
ひめのかみ
あめのおしぐもねのみこと
ふくうけんさく
しらぎみょうじん
ぐほうそう
せきさんみょうじん
せきさん
たいざんふくん
またらしん
じょうぎょうざんまい
しんさたいしょう
にゅうじく
げんじょうさんぞう
そうぎょうはちまんしん
さんのうごんげん
ひえ
おおものぬしのかみ
おおひえ
おおやまくいのかみ
こくせいじ
ごんげん
ひえ
さんのう
みょうじん
ぎき
しょうめんこんごう
こんぴらみょうじん
くびらてん
いなりみょうじん
だきにてん
にょいりんかんのん
いなづか
うがじん
にょほうどう
ざおうごんげん
きんぷさんじ
しゅげんどう
えんのぎょうじゃ
かんとく
ましょうこうふく
きょうき
ふんぬそん
さんこしょ
どっこしょ
こくぞういん
うほうどうじ
こんごうせきしょうぜんしん
かけぼとけ
こんごうほうぼう
ほうじゅ
げしょう
あまてらすおおかみ
しろだぬき
きょうじ
わきじ
あさまごんげん
ごずてんのう
ぎおんてんじん
やさか
すさのうのみこと
ほんじ
ぎおんしょうしゃ
はんが
いやさか
こうじん
あら
いけい
しょうげ
かまどしん
ひぶせ
いずな
ひぶせしん
からすてんぐ
さく
かえんこう
どくじゅ
かぎ
おおひえ
おびえい
しょうじんし
まろうど
せきざん
たけべ
みかみ
ひょうす
のうか