野川を歩く


武蔵国分僧寺跡
武蔵国分僧寺復元模型

マップ戻る
武蔵国分僧寺跡

 天平十三年(741)の聖武天皇の命により、鎮護国家を祈願して創建された武蔵国分寺は、昭和31年以来の発掘調査によって東西720m南北(中軸線上)550mの寺地と、寺地中央北寄りの僧寺寺域(360〜420m四方)および寺地南西隅の尼寺寺域(推定160m四方)が明らかになり、諸国国分寺中有数の規模であることが判った。この中で寺地・寺域は数回の変遷があること確認されている。
 また、僧寺では諸国国分寺中最大規模の金堂をはじめ講堂・七重塔・鐘楼。東僧坊・中門・塀・北方建物、尼寺では金堂・尼坊などが調査されている。
武蔵国の文化興隆の中心施設であった国分寺の終末は不明だが、元弘三年(1333)、新田義貞軍が北条高時軍と戦った分倍河原の合戦の時の戦禍を受けて焼失したと伝えられる。

 史跡指定地域約十万平方メートルは現在史跡公園の整備に向けて土地の公有化が進められている。(国分寺市教育委員会案内板より)
元弘三年の戦禍での焼失をまぬがれた本尊薬師如来と一部の堂宇も、その後の応仁の乱に続く戦国時代の荒乱の明け暮れが続くなかで頽廃の一路をたどることとなる。
 江戸時代に入って、徳川幕府は武蔵国分寺に対し、薬師領九石八斗余の朱印を与えた。(原田重久著「武蔵野の民話と伝説」より)(国分寺を参照)
 写真上は僧寺跡で手前の土壇が金堂あと、その奥が講堂跡である。講堂跡の北側が北方施設跡で現在薬師堂がある場所である。下の写真は文化財保存館に展示されている復元模型の僧寺部分である。

武蔵国分僧寺七重塔跡

マップ戻る
七重塔跡
 国分寺造営のに「造塔の寺は国の華たり」と象徴的に記されているように、塔は「金字金光明最勝王経」を安置する国分寺の重要な施設である。
 この塔は「続日本後紀」によると承和二年(835)に雷火で焼失し、十年後に男衾郡(埼玉県比企郡)の前大領(郡の長官)の壬生吉志福正がその再建を願い出て許可された。
 昭和39年の発掘調査の結果、塔基壇が修復され

ていることや礎石の下に瓦片を大量に積めこんでいることなどが明らかになり、このことが証明された。
 塔の再建にあたっては北方建物の新築・講堂の増築・寺地内附属諸院の整備なども併せて行ったようで、創建以来の本格的な造営事業に発展したと推察される。(国分寺市教育委員会案内板より)七重塔跡は金堂跡の前の道を東にしばらく進むと南側にある。

昭和40年頃の国分寺跡

 左の写真は昭和40年頃の国分寺跡であり、当時は何もない原の中に石碑が立っているだけであった。南側に府中刑務所があり、JR武蔵野線の西側に東芝の工場があり、東芝へ運ぶ現金輸送車が襲われた3億円事件(犯人は捕まらずに時効となった)の舞台になった所でもある。石碑は上の写真の木の側にあるものであり、昔日の面影はすっかりなくなっている。史跡公園整備が進めば更に変貌するのであろう。

(写真は佐々木藤雄著「私が掘った東京の考古遺跡」から転載)

てんぴょう
しょうむ
ちんご
げんこう
ぶばいがわら
みことのり
こんこうみょうさいしょうおう
しょくにほんこうき
おぶすまぐん
さきのだいりょう
みぶのきしふくしょう