野川を歩く


殿ヶ谷戸庭園
殿ヶ谷戸庭園
殿ヶ谷戸庭園

マップ戻る
殿ヶ谷戸庭園

 都立庭園の一つである国分寺崖線の南縁に造られた「殿ヶ谷戸庭園」はJR国分寺駅南口の左手前方に入り口がある。
 この庭園は、大正2〜4年にかけて、後の満鉄の副総裁江口定條氏が別邸として設け、赤阪の庭師「仙石」によって造られた。昭和4年に三菱財閥の岩崎彦弥太氏に買い取られたのち、津田鑿の設計により本館、茶室(紅葉亭)などを追加整備し、和洋折衷の回遊式林泉庭園が完成した。昭和阿49年に東京都が買収するまで岩崎家の別邸として利用されていた。(開園は昭和54年)
 典型的な段丘崖を含んだ地形に造られているので、武蔵野台地と崖線の自然植生が自然の植生が良好な状態で保存され、昔武蔵野に自生していた野草や昆虫などの小さな生き物が数多く見られる。園内の崖下にある次郎弁天の池には水量豊かな湧水の窪地があり、崖線から涌き出る水を集め、野川の水源の一部になっている。(案内パンフレットより)
 同じ国分寺崖線の南縁に造られた小金井市の「滄浪泉園」の方が入園者が少ない為か、より自然が残されているように思われる。
 写真上は大芝生から管理棟を望む
 写真中は池から紅葉亭(青屋根の建物)を望む
 写真下は紅葉亭から池を望む

面積:21、123.59u(有料庭園:17、694.12u、児童公園:3,429.47u)
    (児童公園は西側の道沿いにある)
開園時間:9:00〜17:00) 休園日:年末・年始 入園料:一般150円
集会施設/紅葉亭:茶会, 句会など(30名以内)(有料)
駐車場なし



とのがやとていえん
こくぶんじがいせん
そうろうせんえん