散歩道(野川を歩く)


井の頭池

JR中央線の東小金井駅の南側、立川段丘線沿い流れる野川沿いにある都立野川公園から国分寺の水源までの小金井市南部、国分寺市東南部に位置する地域にある公園、寺社等を案内します。
地図は左の絵またはマップをクリックしてください。
ホームに戻る


都立野川公園三鷹市、調布市、府中市、小金井市の四市の境界、野川沿いにある都立野川公園を案内します。
武蔵野公園都立野川公園の西側に隣接、多摩霊園の北側、小金井自動車試験場の東側にある都立武蔵野公園を案内します。
野川と遺跡野川沿いと立川段丘上に散在する古代遺跡を案内します。
二枚橋伝説野川公園の西北にある二枚橋に伝わる大蛇伝説を紹介します。
中村記念美術館大岡昇平の小説「武蔵野婦人」のモデルになった地、国分寺崖丘沿いの「はけの道」と中村研一記念美術館を案内します。
近藤勇生家跡幕末の新撰組組長近藤勇の生家・宮川家の屋敷跡を案内します。
滄浪泉園小金井市にある「はけ」と湧水を巧みに取り入れた庭園・滄浪泉園を案内します。
殿ケ谷戸庭園JR国分寺駅南の国分寺崖線の南縁に造られた都立「殿ヶ谷戸庭園」を案内します。
金井原戦跡南北朝時代、南朝方新田義貞の子義宗、義興と北朝方足利尊氏が戦った金井原古戦場跡の碑を紹介します。
六地蔵小金井街道と連雀通りの交叉路にある六地蔵を紹介します。
金蔵院小金井神社の別当寺、「萩寺」ともいわれる真言宗の金蔵院を案内します。
西念寺金蔵院の近く、小次郎の墓の北側にある浄土真宗の西念寺を案内します。
小次郎の墓幕末の侠客・小金井小次郎の墓を紹介します。
幡隋院講談や芝居でおなじみの町奴、幡隋院長兵衛と因縁深いお寺の幡隋院が関東大震災後、昭和初期に小金井に移転した。
真明寺多摩新四国八十八ヶ所第三十番札所、貫井神社の別当寺であった真言宗の真明寺を案内します。
庚申塔・道標国分寺と小金井の境近くにあり、庚申塔で側面に「右小川・すな川道、左こくぶんじ道」と書かれた道標を紹介します。
閻魔堂庚申塔・道標の近くにある墓地内奥の墓守の家の座敷に閻魔様が安置されている。
小金井神社武蔵野国開拓の当時、里人が菅原道真公の神霊を奉祀したと伝えられ、元天満宮と称された小金井神社を案内します。
貫井神社創建は戦国末期、湧水の出る景勝の地に水の神である水神様を貫井弁財天と称し、氏神さまとして祀ったいわれる貫井神社を案内します。
下弁財天戦国末期、武蔵野開拓の大澤一族の里人が祀ったいわれ、貫井神社を上辨財天に対して下辨財天と呼ばれる。
上宮大澤神社戦国末期、武蔵野開拓の大澤氏関係の神を祀っている。
神明宮小金井市前原町にあり、創建は戦国末期といわれる。近くに金井原合戦の首塚や胴塚などもあったと伝えられている。
石橋供養塔国分寺街道の近く、元町用水と野川の合流点の手前に架かる不動橋近くにある石橋供養塔と不動明王碑を紹介します。
平安神社国分寺市南の住宅街内にあり、加賀白山の菊理媛神を祀る。
本村八幡神社国分寺の薬師堂の西横手にある。
真姿の池国分寺崖線沿いの「全国名水百選」に選ばれた清流の上流に「真姿の池」があり、その中島に弁財天が祀られている。
国分寺奈良時代に造られた武蔵国分僧寺跡の北側にある真言宗の国分寺を案内する。
国分僧寺跡奈良時代に造られた武蔵国分僧寺跡は昭和31年以来発掘調査され、史跡公園化が進められている。
国分寺尼寺跡奈良時代に造られた武蔵国分寺の尼寺は僧寺の西側にあり、史跡公園として整備が進められている。
旧鎌倉街道国分尼寺跡の北側に、上野・信濃と鎌倉を結ぶ「上の道」といわれた旧鎌倉街道の切り通しが残されている。